トップ / 食中毒に気をつけるため

介護施設と食中毒

食中毒に気をつけるため

正しい食中毒の対策予防法

食中毒を防ぐことは、介護施設内の衛生管理を徹底することが基本となります。
特に、高齢者の多い介護施設内では、食中毒が命取りになることもあるので、(介護施設内で働く場合)(http://www.carestaff-offer.com/)は適切なケアを徹底しておく必要があります。

・手洗いうがいや、マスクの着用
基本的なことではありますが、外から帰ってきたら手洗いうがいを行うことは非常に大切です。
洗い方しては

爪の間や指の間まで、石鹸を使ってごしごしと洗うようにして、雑菌を無くすようにすることが必要になります。

手を洗った後は、しっかりと乾かしましょう。水分が残っていることで、さらなる雑菌の増殖がおこりえます。

また、消毒用アルコールを手指に擦り込むことでも、殺菌効果が期待できます。ポンプ式で、一押しで一回分の量のアルコールが出てくる商品も増えてきています。このように簡単に操作できるものは高齢者の方でも使いやすいのでおすすめですよ。

また、感染を予防する為に日頃からマスクの着用をすることも非常に大切です。
マスクをしているだけで、感染の可能性を50パーセント以上減少させることが出来ますよ!

・細かい清掃
水回りをはじめ、まな板や包丁などの調理器具などを、こまめに清掃することは、とても大切です。

特に、まな板と包丁は要注意すべきです!
ただ洗っただけでは、まな板の傷の隙間に雑菌が残っている可能性もあります。

熱湯煮沸などを定期的に行って、雑菌を死滅させましょう。
まな板は、熱湯につけることが難しいかもしれませんが、大きなタライに熱湯を張ってつけ置きしたり、やかんで上から熱湯を注いだりと工夫をしてくださいね。